男のスカルプシャンプーの選び方のポイントは3つ。

 

辛口ガチ比較系雑誌で
スカルプシャンプーNo.1はこれ!

ウーマシャンプー、スカルプシャンプーの雑誌のガチ比較記事で圧倒的な評価!

スカルプシャンプーとしての
成分評価が高い上に
ワックスもしっかり落ちる洗浄力

このシャンプー、なぜ支持される?
https://www.u-ma.co.jp/

 

 

 

 

 

このサイトでは現在なんとか毛髪・頭髪は残っているけれど、近い将来にハゲる予感が高い人のために、ハゲ予防におすすめなスカルプシャンプーについて、選ぶときのポイントやおすすめのシャンプーを紹介しています。

ハゲ予防のために必要な考え方

皆さん、このサイトにアクセスしてきてくれているということは、現在、頭髪について何らかの危惧や問題を抱えている状態だと思います。

で、その対策として想起しているもの・ことは何でしょうか?

育毛剤、シャンプー、生活習慣、マッサージのやり方、食べ物、加齢・・・

どれも重要なポイントかもしれませんが、いきなり個別アイテムや個別の行動の選択に走る前に、まず念頭に置くべきは、頭髪・毛髪というものは皮膚の延長であり皮膚の新陳代謝と同じように発毛現象も行われるということ。(毛髪はすでに死んだ細胞で、肌から出る垢と同じです)

発毛現象は、言わば新陳代謝の延長

スキンケアを欠かさない女性の方がピンとわかりやすいと思いますが、人間の発毛は新陳代謝、別の言葉ではターンオーバーと言いますが、細胞の生き死にそのものの結果として行われるわけです。一旦死んでしまった細胞である毛髪を変えることはできませんが、発毛する、という生きた細胞分裂に関しては、もし現状で加齢やストレスなどが原因でその機能が弱っているとすれば、その問題を取り除いてやれば、機能ダウンの率を抑えたり、現状維持もしくは機能改善へと導くことが可能なわけです。発毛という細胞分裂の瞬間と前後の流れをイメージしながら対策していくことが大事です。

発毛に限らず、人間の細胞分裂は、いつ行われるか

人間の身体の中の細胞分裂はいつ行われてるか、というと、まあ生きている間は常に細胞分裂が行われ、古い細胞は廃棄され新しく生まれた細胞と入れ代わっているわけですが、特に大事な時間帯があります。

それは睡眠中です。
しかも成長ホルモンが体内に放出され、体中のメンテナンスが行われる時間帯は、たぶん人間がお猿さんだった頃からある程度は決まっていて、一般的な社会生活を行って朝は6:30ぐらいに起床する人ならば20時ぐらいからは成長ホルモンは出始めていて、23:30に布団に入るとすると寝付いて睡眠がぐっと深くなるタイミング、たとえば深夜12時とか1時とか、その時間帯に成長ホルモンがもっとも多く放出されると言われています。

よく風邪を引いたりした時には、早く寝なさい、とか、あと子供で言えば、寝る子は育つ、という言い方をしますよね。大人だって、この睡眠中の成長ホルモンが出される時間帯が、発毛に限らず、健康な暮らしをする上では非常に重要なタイミングであることはお分かりかと思います。

この成長ホルモンがしっかり放出されるためには、早めの就寝と、質のいい眠りが必要不可欠です。ですから、夜更かしばっかりしている女性が、コスメを取っ替え引っ替えして美肌効果がどうのこうの、と言っているのは、全くとは言いませんが、かなりロスの多い行動をしている、と言わざるを得ません。

結論:ハゲ予防のために必要な考え方

もしあなたが、ハゲ予防対策について危機感を持っているのなら、すべての施策を、この成長ホルモンが放出される睡眠の時間帯に向けて集中させる、というイメージが大事です。

例えば、夜に入浴やシャワーを浴びない人がいるとして、シャンプーは朝だけとします。二つ問題があって、ひとつは就寝時の頭皮や発毛が行われる毛穴の中は、日中の生活や自分自身の分泌物などによって汚れているので、せっかくの成長ホルモンや皮膚周りの再生活動は抑えられ気味となってしまいます。若ければ新陳代謝によって外に出された垢などが蓄積してしまうので、それを排除してやらないと次の動きがやり辛くなるわけです。

もうひとつの問題は、睡眠中のこの体のメンテナンスでは、頭皮に限らず皮膚を刺激皮守るようにガードするための分泌物も出てきているのですが、朝シャンによってこういったものまで排除されてしまい、せっかくのガードが弱くなっているわけです。

ということで、改めて繰り返しますが、頭皮環境と発毛を良好な状態に保つためには、睡眠時間に向けて何をやっていくか、ということが非常におおきなポイントであることを覚えておいてください。

 

シャンプー選び以上に大切なポイント

このサイトでは、主にシャンプーについて書いているので、シャンプー以外のポイントについては多くは触れるつもりはありませんが、シャンプー以上に重要なものもあるので、ここで軽く振れておきます。

食事

上記したように成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯を重視するとすれば、その成長のために必要な材料、つまり食べたものの栄養素もバランス良く“現場”に送り込まなければならないので、食事の内容・摂り方も非常に重要だということを覚えておいてください。

特に重要なのはたんぱく質ですが、かと言ってたんぱく質だけでよいかというと、その考え方はNGで、やはりビタミン、ミネラルや良質な油(オメガ3)などと合わせた、バランスの良い食事が大事です。

また炭水化物の取り過ぎはNGです。“主食”という名を借りて、ついつい食べすぎてしまうのがお米ですが、炭水化物自体が悪いのではなく、炭水化物の消化作業においては大量の酵素(アミノ酸の化合物)やビタミン・ミネラルなどが、エネルギーとともに消費される、という事実を覚えておいてください。

血流・リンパ液の流れ

また血流やリンパの流れも新陳代謝にとって非常に重要です。“現場”にどうやって材料が運ばれ、逆に老廃物が廃棄されるか。皮膚を通じての廃棄はあまり多くはないので、もう血流やリンパに頼るしか無いわけです。

もうハゲてしまった人や薄毛が進行中の人の頭皮は、かなり硬くなってしまっていることが多いと思いますが、頭皮の血流が滞っていることも発毛機能が弱ってしまった原因といえるでしょう。

頭皮部分の血流ももちろん問題ですが、体全体でチェックしていくことが肝要です。

ちなみに下記のストレス管理と通じますが、血流やリンパ液の流れは自律神経、特に副交感神経が司る部分です。自身の自律神経の健康状態や、交感神経と副交感神経の切り替わりがスムーズか、そこら辺もチェックする必要があるでしょう(睡眠の質にも関わってきます)。

ストレス管理

実はストレスがいちばん厄介かもしれません。

ストレスおよびストレスによる緊張、というものは生きている以上は避け得ないものです。で、厄介なのは、人間はストレスを感じると体内は自動的に“臨戦状態”に入ってしまいます。これは常に死の恐怖と隣り合わせだったお猿さんだった時代のなごりですね。たとえ、そのストレスが他愛もないことであっても、身体の中は勝手に警戒警報を発令して“臨戦状態”に備えるわけです。

この状態に入ると、“戦闘”にとって最も大事な脳と大きな筋肉にすべてのリソースが向かうようになってしまうので、気が狂ったような参謀総長殿が「この国家存亡の危機に、悠長に毛など生やしておられるか!」と一括して、頭皮など末端への血流やリンパの流れを最小限にしてしまいます。

結果、末端の体温は冷えて機能ダウン、栄養も届かず、新陳代謝も進まず、老廃物も残りがち。頭皮が臭くなったり、手足が末端冷え性になったり・・・。こういった状況が長期に渡ってくると、問題はハゲどころではなく、もっと致命的な病気にかかってしまう可能性もあります。

ストレスは無くすことはできないものですが、上記したように人間にとって非常に大切な睡眠時間に向けて、毎日1回はそのストレスをリセットできるような自分なりの習慣を作っていくことが肝要ですね。

 

シャンプー選びも大切ですが、これらの項目についてもしっかり理解しておくようにしましょう。もちろん入浴時のシャンプーが、そのリラックス方法のひとつになっても良いわけですね。

 

ハゲ予防のためのシャンプーを選ぶときのポイント

少し前書きが長くなってしまいましたが、ハゲや薄毛、抜け毛予防のためのシャンプーを選ぶときのポイントいくつかまとめてみました。

 

洗浄力があること

シャンプーである以上はやはりしっかりした洗浄力が必要ですね。ハゲとか薄毛の心配はあっても、日々、仕事や社会生活を送っていかなければならないので、臭いとか不潔といった状況でいるわけにはいきませんからね。

またハゲ、薄毛や抜け毛の予防ということになれば、寝る前には清潔な頭皮環境を、いわゆる成長ホルモンが出される時間帯までに作り出しておくことがベストです。

実際に髪の毛をセットするためにワックスを使用したり、一日仕事をしてくれば様々なホコリ、汚れ、病原菌などもついているわけで、あなたの身体はこういった汚れを落としてから初めて発毛の課題について取り掛かれる、といったイメージを持つと良いでしょう。

ただし、大きな問題があって、シャンプーメーカー各社が日々課題に取り組んでいるところだと思いますが、洗浄力を強めることは化学の範囲でいくらでも強めることは可能ですが、その分、過剰に健全量の皮脂まで洗い流してしまうという、頭皮に大きな負担がかかってしまうことになります。市販されているシャンプーで価格が安めのシャンプーは頭皮に負担がかかるような、洗浄力と香り(香料による)だけをアピールしているような商品もありますね。

こういった肌への負担を排除しつつ、シャンプーとしてどこまで洗浄力を高めることが出来るのか?逆に頭皮に優しい成分をたっぷり配合していても、きっちり洗浄力を担保できるか?
ここがハゲ、薄毛、抜け毛予防のためのシャンプーの見極めのポイントとなってくると言えるでしょう。

 

頭皮に負担がかからない成分が配合されていること

上記しましたように、市販されている大量生産型のシャンプーの大半のものは頭皮を痛めるに近いような、強い洗浄力をもつ界面剤が配合されています。界面剤の他に香料とか防腐剤とか、様々な添加物などが配合されています。100歩譲って、ギトギトの脂性の人が一日中サッカーで遊んできた後に使うシャンプーならば、逆にこういったシャンプーのほうが良いぐらいですが、薄毛が気になるような状態でこのシャンプーを毎日使うとなると(人によっては朝晩2回)、これは止めておいたほうが良いだろう、ということになります。

極論かもしれませんが、要するに「そのシャンプー、洗い流さずに一晩寝られますか?」ということです。

最近、女性が使うファンデーションなんかではお肌に良い成分がたっぷり配合されているので、寝る前に落とさなくても、そのまま寝ちゃっても大丈夫、というキャッチフレーズのものが出回っています。

質の良いシャンプーは、実はもうこのレベルまで上がってきています。

洗浄する成分も肌に優しいだけでなく、しっかりとした、例えばワックスなんかも落とせるような洗浄力がある。加えて、頭皮環境を整えたり発毛に関連する細胞達や頭皮を元気にする成分が入っていたり、洗い上がった後でも保湿が保たれるような成分も配合されているシャンプーが登場してきています。

要するに、シャンプーしているときから、皮脂などの汚れを落としながら、同時に美容パックをしているような状況ですね。シャンプー内の頭皮にいい成分は洗い流した後もお肌の表面に留まって頭皮に栄養を提供したり、保湿を行ったりするわけです。

 

頭皮の保湿への配慮があるか?

頭皮に限らず、人間の皮膚の最も大きな刺激が“乾き”です。

ハゲがどうこう、シミ・そばかすがどうこう言いますが、それ以前に、水分が1/3を占めるという人間にとって「乾燥」は死を意味します。肌が乾いていると人間の機能としては多少肌を固くしてでも体内の乾燥を防ぐためにガードを固めるわけです。この状態になると血流とか新陳代謝とか言っていられない、という“現場”からの悲鳴が聞こえてきます。

ですから、頭皮においてもできるだけ乾燥を避けるように、常に何らかの手法によって肌のうるおいを保ってやることが肝要です。

シャンプーの中にも保湿成分を配合しているスカルプシャンプーも多数出回っていますし、育毛剤や育毛トニックを併用することで保湿を保つことが可能となります。

 

 

おすすめのハゲ予防対策向けシャンプーは、これ。

上記しましたように、洗浄力に優れ、頭皮に優しい成分が配合されているシャンプーは、わかりやすく言えば、矛と盾を同時に使っているような面もあるわけです。

千差万別の頭皮環境に対して、完璧に合わせるためには、もうオーダーメードしか有りえないわけですが、そんな中でも、洗浄力と良質成分のバランスをかなりの高いレベルまで上げて、実際に多くのユーザーから評価を獲得することに成功したシャンプーがあります。

ゼロプラスU-MAシャンプーウーマシャンプー

https://www.u-ma.co.jp/

この「ゼロプラスのU-MAシャンプー(ウーマシャンプー)」のすごいところは、とある比較系雑誌のランキングにおいて30製品のスカルプシャンプーの中で堂々の1位として評価されていましたが、まずはその成分。

この雑誌でランキング付けするにあたっては、シャンプーや美容アイテムの成分の専門家が個別にチェックしていましたが、「ゼロプラスのU-MAシャンプー(ウーマシャンプー)」については、「からだに悪い成分は一切配合されていない」というお墨付きが出ていました。
※ここらへんは公式サイト↑をじっくりお読みください。

逆に言うと、上位の他のスカルプシャンプーを見ると、ほとんどのものには頭皮に何らかの負担をかけるとされる成分が配合されているわけです。

 

これまで、シャンプーにおいては「多少頭皮に悪いものが入っていても仕方がないだろう」という考えが常識だったわけですね。「ゼロプラスのU-MAシャンプー(ウーマシャンプー)」はついにこの常識を打ち破ったわけです。
はい、洗い流さずにそのまま就寝してもそのまま頭皮に良いのが、この「ゼロプラスのU-MAシャンプー(ウーマシャンプー)」!(ほんとうに寝ないでくださいね笑 実際には水分などによって雑菌が増えるといった問題がありますし)

 

そしてもう一つは、その洗浄力

この雑誌の実際の使用調査においては、ヘアメイク用のワックスが実際に落ちやすいのか否か、をチェックしていましたが、洗浄力だけ見ればもっとスコアの高い商品もありましたが「ゼロプラスのU-MAシャンプー(ウーマシャンプー)」も遜色ないトップレベルのスコアを叩き出していました。

加えて・・・シャンプーは毎日のことですし、リフレッシュのきっかけとなるような精神的なものでもあるので、シャンプー後の洗い上がり、つまり「あ~、スッキリした!」という感じが不可欠ですよね。
その点でもU-MAシャンプーは非常に高い評価を獲得しています。

スカルプシャンプーは、大手メーカーから無名のものまでほんとうに大量の種類のシャンプーが出回っていますが、この「ゼロプラスのU-MAシャンプー(ウーマシャンプー)」は雑誌の客観的な比較企画で本物の実力が検証された質の高いシャンプーであるといえます。

U-MAシャンプーに配合されている成分については、書き始めるとキリがないくらい様々なものが配合されていますが、保湿のための成分だけとっても何種類もの成分が配合されていたり、もちろん発毛に関わる毛穴にとってよい成分など多くのものが含まれています。

もしシャンプー選びに迷ったら、一度この「ゼロプラスのU-MAシャンプー(ウーマシャンプー)」を試してみることをおすすめします。
ハゲ予防、薄毛予防、抜け毛が気になるのなら、一度この【No.1スカルプシャンプー】の実力を実感してみては?
https://www.u-ma.co.jp/

 

 

 

 

 

.
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP